カテゴリー「銅像」の33件の記事

2018/04/22

JR博多駅前 黒田節の像

JR博多駅前 黒田節の像

母里太兵衛がモデルである。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2015/05/14

黄昏の豊太閤像

黄昏の豊太閤像

大阪城公園内にある豊國神社にて。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2013/11/14

高知城 板垣退助銅像

板垣退助銅像

高知城追手門から少し上ったところにある板垣退助の銅像。土佐藩出身の板垣退助は上士であり、下士である坂本龍馬や白札である武市半平太よりも身分は上であった。最初は乾退助、のちに板垣退助と称する。公武合体派の多い土佐藩にあって、板垣は中岡慎太郎と並ぶ倒幕派であった。戊辰戦争で活躍。甲州勝沼の戦いを前に先祖である甲斐武田氏家臣板垣氏に復姓。大久保剛(大久保大和)こと近藤勇率いる甲陽鎮撫隊を撃破している。

維新後、参議となるが、征韓論を退けられて下野。以後は東京に愛国公党、高知に立志社を起こし、自由民権運動の旗頭となる。その後、自由党を結成し、党首に就任。
明治15年(1882)に遊説先の岐阜で天皇親政派の青年に短刀で刺される(岐阜事件)。この時、「板垣死すとも自由は死せず」と叫んだという話は有名だが、これは後の創作である可能性が極めて高い。

帝国議会開設後は、自由党の党首として大臣職を歴任。特に第1次大隈重信内閣の時は、元々はライバルであった大隈の進歩党と自由党が組んで憲政党を興し、内務大臣を務めて大隈と二人合わせて隈板内閣と称された。

意外であるが、大物政治家でありながら一度も内閣総理大臣を務めたことはない。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2013/11/11

山内一豊の妻像

山内一豊の妻像

「内助の功」、「糟糠の妻」として知られる山内一豊の妻の像。千代という名で良く知られているが、松という説もあるなど、本当の名は依然、不明である。高知城三の丸入り口に像は建つ。
嫁入りしたときの持参金で夫の一豊に名馬を買い与え、馬揃えの日に一豊の名馬が信長の目に留まり、出世に繋がったという話が有名である。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2013/11/10

高知城 山内一豊像

高知城 山内一豊像

関ヶ原戦いでの戦功により遠江・掛川六万石(始め五万石)から土佐一国八万九千石(石直しにより二十万石。幕末には二十四万石となる)の大大名となった山内一豊公の像。読みは「やまうち・かつとよ」が有力視されている。現在の高知城も一豊が築いた城である。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2013/08/08

広島平和記念公園・平和祈念像(草野心平詩碑)

広島平和記念公園・平和祈念像(草野心平詩碑)

1977年に建てられた平和祈念像。圓鍔勝三(えんつばかつぞう)の作品である。下に詩人の草野心平がこの像に寄せて書いた詩文を刻んだ銅板がある。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2013/08/06

和気清麻呂公銅像

和気清麻呂公銅像

江戸城外・竹橋にある和気清麻呂公銅像。弓削道鏡の天皇即位を阻んだ和気清麻呂は楠木正成と共に二大忠臣として皇居の外に銅像が建てられている。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

楠木正成公銅像

楠木正成公銅像

皇居外苑にある楠木正成公の銅像。後醍醐天皇の建武の新政のために尽力した楠木正成は、和気清麻呂と並ぶ二大忠臣として、江戸城外に銅像が建てられている。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2011/11/16

ながさき龍馬くん

ながさき龍馬くん

2011年11月15日、京都霊山護国神社にて。俄か雨が降ったので傘を指している。横は坂本龍馬像。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2009/06/25

円山公園の坂本龍馬・中岡慎太郎像

円山公園の坂本龍馬・中岡慎太郎

左が坂本龍馬、右が中岡慎太郎である。

| | コメント (0) | トラックバック (0)