カテゴリー「変わった地名」の10件の記事

2013/09/24

大阪市中央区久太郎町四丁目渡辺

大阪市中央区久太郎町四丁目渡辺

大阪市中央区にある久太郎町四丁目渡辺という地名。ここには全国の渡辺氏の総社である坐摩神社(いかすりじんじゃ)がある。かつては渡辺町という地名があったのだが、区画整理のため、久太郎町に編入されることになった。しかし渡辺は大阪市付近にあった中世最大の荘園、渡辺荘に由来する大阪の旧称ともいうべき由緒正しき地名であり、また渡辺荘にちなんだ苗字を持つ渡辺さんの組織である「渡辺の会」からも渡辺の地名を残すようにとの働きかけがあったため、番地の代わりに「渡辺」を付けるという妥協案の結果、こうした変わった地名が付いた。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2011/10/02

武豊

武豊

「たけ ゆたか」ではありません。「たけとよ」と読んで駅名です。愛知県大府市にあります。武豊に向かうのはその名も武豊線です。JR名古屋駅で。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2007/05/19

新宿区百人町

新宿区百人町

JR新大久保駅一帯の地名・百人町。新宿(内藤新宿)の街を起こした内藤氏の伊賀組百人鉄砲隊の屋敷があったことからその名がついたという。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2007/03/07

幽霊坂

幽霊坂

東京都千代田区神田駿河台、日立製作所旧本社のそばにある幽霊坂。もともとは紅梅坂という名前だったが、昼でも薄暗いなど幾つかの理由があり、いつしか幽霊坂と呼ばれるようになった。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2006/11/23

六万体

六万体

大阪市天王寺区にある六万体という変わった名前の場所。聖徳太子が六万体地蔵菩薩像を一帯に建てたいう故事に基づく地名だという。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2006/05/17

牛若

牛若

その名も「牛若」というバス停。牛若丸誕生井、胞衣塚の北にある。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2005/11/16

十三

「じゅうそう」と読む。大阪市淀川区にある大阪最大の歓楽街の一つ。地名の由来は諸説あるが、いずれも確たる証拠はないようである。

200511151637000.jpg

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2005/11/02

帷子ノ辻

200510191606000.jpg

右京区にある変わった地名、「帷子ノ辻(かたびらのつじ)」。嵯峨天皇の妃である檀林皇后の葬送の列がここを通った時に、棺を覆っていた帷子がこの辻で落ちたためにこの名がついたという伝説があるが、辻であるのに南へ伸びる道が一本もなく、北と東のみに枝分かれしていたため、「片平の辻」と呼んでいたものがいつの間にか帷子ノ辻に変わったという説などもある。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2005/10/02

天使突抜

五条天神付近に残る「天使突抜(てんしつきぬけ)」という変わった地名。天使の森を突き抜ける道があったことからついた地名だという。天使とはAngelではなく、少彦名命のこと。

200510021530000.jpg

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2005/09/29

蹴上

200509231728000.jpg

「けあげ」と読む。京都の変わった地名の一つ。  
源義経(当時の名は遮那王)が奥州に下る際、この地で平家武者一行とすれ違うが、武者の乗っていた馬が泥水を蹴り上げ、義経の衣服を汚してしまった。義経は激怒して武者と従者の9人を斬殺してしまったという。これが蹴上という地名の由来とされるが、なんとも血なまぐさいエピソードである。

| | コメント (0) | トラックバック (0)