« 自動販売機でしか売られていない飲料(3) | トップページ | Matthews-Passion »

2006年8月24日 (木)

ジョージ・セル指揮クリーヴランド管弦楽団  ドヴォルザーク交響曲第8番(EMI盤)

ジョージ・セル 1970年4月収録。その年の7月に亡くなったジョージ・セルが残した最後の録音の一つである。

20世紀に活躍した最高の指揮者の一人、ジョージ・セルはアメリカ・オハイオ州の中規模都市クリーヴランドのオーケストラを世界最高水準のアンサンブルにまで育て上げた。完璧主義者ゆえに時に「冷たい」といわれたセルの演奏であるが、この最晩年の演奏は温かな音色をオーケストラから引き出しつつ、驚異的なアンサンブルの精度と力強さを前面に出した「世紀の名演」と呼ぶに相応しい出来を示している。

ジョージ・セルという人は音楽以外には全く興味を示さない人だったようで、セルの愛車の走行距離メーターを調べたところ、クリーヴランド管弦楽団の本拠地であるセヴェランス・ホールとセルの自宅までの往復距離に一致した、つまり自宅とホールを往復するだけの生活を送っていた、という伝説を持つ。この伝説が本当か嘘かはわからないが、音楽に没頭したまま生涯を終えたジョージ・セルという男の人柄が偲ばれるエピソードである。

ドヴォルザーク/Sym.8: Szell / Cleveland O (1970)+slavonic Dance.3 10

|

« 自動販売機でしか売られていない飲料(3) | トップページ | Matthews-Passion »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: ジョージ・セル指揮クリーヴランド管弦楽団  ドヴォルザーク交響曲第8番(EMI盤):

« 自動販売機でしか売られていない飲料(3) | トップページ | Matthews-Passion »