« 無明の日々(12) 高校時代の私は名前を持たない | トップページ | 自慢にならない自慢 »

2009年9月10日 (木)

ジョージ・セル指揮クリーヴランド管弦楽団 ドヴォルザーク「スラヴ舞曲集全曲」

ジョージ・セル指揮クリーヴランド管弦楽団によるドヴォルザークの「スラヴ舞曲集全曲」を紹介します。ソニー・クラシカル。

ジョージ・セル指揮クリーヴランド管弦楽団 ドヴォルザーク「スラヴ舞曲集全曲」 録音に古さが感じられるのが難点ですが、迫力は随一。私はドヴォルザーク演奏の総本山ともいえるチェコ・フィルハーモニー管弦楽団の演奏による「スラヴ舞曲集全曲」のCDも聴いていますが(ノイマン盤とマッケラス盤)、セル盤に比べるとオーケストラの威力が違うため物足りなさを感じてしまいました。

オーケストラの力を見せつけるだけではなく、一番有名なスラヴ舞曲第10番などにおける抒情の発揮も魅力的。「スラヴ舞曲」のCDとしては第一に推せる名盤です。

ジョージ・セル指揮クリーヴランド管弦楽団 ドヴォルザーク「スラヴ舞曲集全曲」(HMV) icon

|

« 無明の日々(12) 高校時代の私は名前を持たない | トップページ | 自慢にならない自慢 »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: ジョージ・セル指揮クリーヴランド管弦楽団 ドヴォルザーク「スラヴ舞曲集全曲」:

« 無明の日々(12) 高校時代の私は名前を持たない | トップページ | 自慢にならない自慢 »