« 坂本龍一 2種の「Batavia」 | トップページ | コンサートの記(590) ソフィア・ヴォーカルアンサンブル京都公演2019 »

2019年8月30日 (金)

美術回廊(33) 京都市美術館 「マグリット展」2015

2015年10月8日 左京区岡崎の京都市美術館にて

左京区岡崎にある、京都市美術館で「マグリット展」を観る。幻想的な画風で知られるベルギー出身の画家、ルネ・マグリットの作品を集めた展覧会である。マグリットは人気の画家であるが、これほど多くの作品が一堂に会することは珍しいという。

美術の教科書に必ず載っているといっても過言ではないほどの「大家族」が有名なマグリットであるが、リアリズムとシュールレアリスムの邂逅を経た、独自の世界を切り開いている。有名な「大家族」も大地と空と海に囲まれた我々は人種や性別を超えた「一つの大家族なのではないか」というメッセージを受け取ることが出来る。「上流社会」という作品も同傾向で、顔が青空や生い茂る草になっている「上流社会」というのは世にいう成功者達のことではなく、「大いなるものにより同化出来た人々」が織り成す社会なのであろう。いや織り成すまでもなく、自然同様「あるがままの社会」ということか。
「ゴルコンダ」という有名な画がある。家を背景に何人もの男が宙に浮かんでいる画である。シュールな作品であるが、作品に耳を澄ますと(絵画作品に耳を澄ますことは私はよくある。もっとも想像の比喩としてだが)、ゴルコンダという街の喧騒が聞こえてくる。

「光の帝国Ⅱ」という画は、昼間と真夜中が一つの画の中に溶け込んでおり、印象的。ミュージアムショップで確認したところ、やはり一番人気だそうだ。

「会話術」という作品は、会話していると思われる白鳥の後ろのアルファベットの切り抜きと思われる不思議な橋が描かれている。アルファベットらしいことはわかるのだが、フランス語はまるで出来ないため、どんな単語が隠れているのかは不明である。「会話術」は三部作であり2枚目の画は岩に「reve(夢)」と記されている。また「白紙委任状」は、見えるべきものが見えず見えないはずのものが描かれて見えている。この絵を白紙委任したのは一体誰なのだろう? 一応、マグリット自身の注釈があり、委任したのは自然らしいが、人間も含めた自然全てがマグリットに白紙委任状を出したのかも知れない。あるいは物体ではなく、この世の現象がマグリットをインスパイアしたのか。
個人的には初期の「風景の魅惑」(木枠の横に猟銃が立てかけてあるという画)が印象的だったのだが、私の好むものは余り人は好まないのである。第二次世界大戦はやはりマグリットの画風にも影響したようで、戦後に描かれた「観光案内人」は、案内人の顔が大砲になっている。

「マグリット展」の無料案内を見て感じたのは、マグリットの画は個人蔵であるケースが他の画家に比べて多いということ。特定の個人がいつも座右に置いて楽しむタイプの絵画ということなのかも知れない。

|

« 坂本龍一 2種の「Batavia」 | トップページ | コンサートの記(590) ソフィア・ヴォーカルアンサンブル京都公演2019 »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




« 坂本龍一 2種の「Batavia」 | トップページ | コンサートの記(590) ソフィア・ヴォーカルアンサンブル京都公演2019 »