« コンサートの記(599) ラルフ・ワイケルト指揮 京都市交響楽団第639回定期演奏会 | トップページ | この世の中を »

2019年10月21日 (月)

これまでに観た映画より(134) 「ラブゴーゴー」(デジタルリストア版)

2019年10月15日 京都シネマにて

京都シネマで台湾映画「ラブゴーゴー」(デジタルリストア版)を観る。1997年の作品。監督・脚本:陳玉勲(チェン・ユーシュン)。出演:タン・ナ、シー・イーナン、リャオ・ホイヂェン、チェン・ジンシンほか。第34回金馬奨で最優秀助演女優賞(リャオ・ホイヂェン)と最優秀助演男優賞(チェン・ジンシン)を受賞している。

実は20年ほど前のロードショー時に渋谷のユーロスペースで観ており、かなり久しぶりの再会となる。あの頃は20年後に京都で再び観ることなるとは思ってもいなかった。

エドワード・ヤン、候孝賢、蔡明亮など優れた悲劇作品を生み出す映画監督が多いという印象の台湾映画であるが、「ラブゴーゴー」はコメディである。ただ、数組の恋愛弱者を描いており、抱腹絶倒の笑劇といった感じではない。

台北。パティシエをしている冴えない男、劉啓興(チェン・ジンシン)の店である「グレープバイン」に、片足を引きずりながら歩く美女(タン・ナ)が毎日のように訪れ、レモンタルトを買っていく。彼女は実は劉の小学生時代の同級生なのだが、劉はそれを言い出すことが出来ず、片思いの状態が続く。

劉の家に同居する、ウー・リリーというおデブちゃんの女の子(リャオ・ホイヂェン)は、ある日ポケベルを拾う(ポケベルの時代の物語である)、ポケベルに浮かんだ番号に電話したリリーは、録音されたメッセージの声に興味を持つ。ある停電の日、リリーはまた電話してメッセージを吹き込むが相手が出た。自殺を考えていたという相手の男を止めるため、リリーは見栄を張ってそこそこ美人だと嘘をついてしまう。2週間後に相手と会う約束をしたリリーは思い切ってダイエットに取り組むが、なかなか痩せることが出来ない。そして当日……。

護身用具のセールスマンであるアソンは、グレープバインでのセールスに失敗。その後も上手くいかず、21世紀ビルディングにある美容院を訪れた。その美容院の店長が実はグレープバインにレモンタルトケーキを買いに来る女性、リーホァだった。リーホァは独身だったが、妻のいる男性と不倫関係にある。実はレモンタルトは不倫相手の男のお気に入りだったのだ。

たどり着けない3つの愛が、台北の空を浮遊しているようなラブコメディで、レモンのような苦くも甘い後味がある。誰も恋を実らせることは出来ず、恋愛の不毛を感じさせるが、それでも心を通い合わすことの出来たわずかな時間が、頬を緩ませてくれるような淡い喜びとして残る。

 

実は、劉役のチェン・ジンシンは映画の裏方スタッフであり、リリー役のリャオ・ホイヂェンはテレビ業界のマネージャーで、二人とも見た目からしてそうだが俳優ではない。ある意味、光の当たらない人物を表に出すことで、市井の人々のさりげない悲しみと喜びを浮かび上がらせることに成功しているように思う。

チェン・ユーシュンは、その後、映画監督から離れてしまっているそうで、現時点でも「ラブゴーゴー」は監督2作目にして最後の作品となっているようだ。台湾映画がある意味最もポップであり得た時代の記念碑的作品である。

Dsc_7645

|

« コンサートの記(599) ラルフ・ワイケルト指揮 京都市交響楽団第639回定期演奏会 | トップページ | この世の中を »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




« コンサートの記(599) ラルフ・ワイケルト指揮 京都市交響楽団第639回定期演奏会 | トップページ | この世の中を »