« 観劇感想精選(346) 劇団M.O.P. 「水平線ホテル」 | トップページ | これまでに観た映画より(194) 「無伴奏シャコンヌ」 »

2020年7月31日 (金)

これまでに観た映画より(193) 「グランド・ホテル」

2005年7月19日

DVDで映画「グランド・ホテル」を観る。タイトルは有名だが、まだ観たことはなかったのでレンタルビデオ店で探してきたのだ。
松任谷由実のペンネーム、呉田軽穂の由来で、GGの愛称でも知られるグレタ・ガルボ出演作。1932年制作のアメリカ映画。後に「グランド・ホテル」形式と呼ばれる映画の原型となった世紀の傑作である。

9日に観た、マキノノゾミ作の「水平線ホテル」に登場人物の設定が何となく似ている。いや似ているのではなく、マキノは明らかにこの作品を意識して脚本を書いている。両作品とも電話のシーンで始まるのが最もそれをよく表している。

「グランド・ホテル」はベルリンの同名ホテルに集まる人々による群像劇。盛りを過ぎたバレリーナ、こそ泥、婿入りワンマン社長と彼にこき使われていた従業員、タイピストの女性などがこのホテルに泊まり、出会い、それぞれの人生の断片を見せ、去っていく。
脚本がよく練られており、「通り過ぎる場所」としてのホテルの哀感を出すことにも成功している。

ガルボはこの時27歳であるが、現代の27歳より大分年上に見える。他の俳優も現代の同年代の俳優に比べると落ち着いて見える。戦前の人は同じ年の頃であっても現代人に比べると10歳老けて見えるという説があるそうだが、それは本当のようだ。
ただ調べてみると、当時でもガルボは実年齢より上に見られがちだったそうで、本人も自分が老けてみられることをやはり気にしていたそうだ。そのためガルボは36歳で引退してしまい、生涯独身を通し、マスコミの前に出ることもなかったという。

それにしても1932年にアメリカはこれほど洗練され、計算された 映画を作っているのだ。こんな映画を作っている国と戦争しても日本は勝てるわけがない。

|

« 観劇感想精選(346) 劇団M.O.P. 「水平線ホテル」 | トップページ | これまでに観た映画より(194) 「無伴奏シャコンヌ」 »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




« 観劇感想精選(346) 劇団M.O.P. 「水平線ホテル」 | トップページ | これまでに観た映画より(194) 「無伴奏シャコンヌ」 »