« 楽興の時(38) 京都坊主BAR 「MANGETSU BAROQUE NIGHT」 ensemble kreanto(西谷玲子&中野潔子) | トップページ | コンサートの記(647) 三ツ橋敬子指揮 京都市交響楽団 みんなのコンサート2020「オーケストラの旅」@京都市北文化会館 »

2020年8月14日 (金)

これまでに観た映画より(197) 張芸謀監督作品「キープ・クール」

2005年10月21日

DVDで中国映画「キープ・クール」を観る。張芸謀監督作品。張芸謀というと地方を舞台にした時代劇が多いが、この作品は北京が舞台の現代劇。ブラックユーモアが効いており、かなり笑える。中国のコメディの質はあまり高くないが、この作品は合格点に達している。

原題は「有话好好说(話しがあるならじっくり話そう)」で、タイトル通り、復讐しようという側とそれを止めようとする側の攻防が主な内容だ。

極端な顔のクローズアップやカメラの揺れもあって、観ていて余り気分が良くなかったり、心理的攻防は面白いが、話し合いのシーンが長すぎるのでイライラもするなどの難点もあるが、ラストは上手く描かれており、人間ドラマとして一定水準に達している。

主演は、「紅いコーリャン」などに主演し、「太陽の少年」、「鬼が来た!」などの監督も務めた姜文と、北京にある中央戯劇学院の演技指導教授であった李保田。中国を代表する男優の対決が見物である。

余談だが、姜文の顔は近くで見ると、中村勘三郎によく似ている。

| |

« 楽興の時(38) 京都坊主BAR 「MANGETSU BAROQUE NIGHT」 ensemble kreanto(西谷玲子&中野潔子) | トップページ | コンサートの記(647) 三ツ橋敬子指揮 京都市交響楽団 みんなのコンサート2020「オーケストラの旅」@京都市北文化会館 »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




« 楽興の時(38) 京都坊主BAR 「MANGETSU BAROQUE NIGHT」 ensemble kreanto(西谷玲子&中野潔子) | トップページ | コンサートの記(647) 三ツ橋敬子指揮 京都市交響楽団 みんなのコンサート2020「オーケストラの旅」@京都市北文化会館 »