« これまでに観た映画より(287) クリストス・ニク監督デビュー作品「林檎とポラロイド」 | トップページ | コンサートの記(771) 日本オペラプロジェクト2022 團伊玖磨 歌劇「夕鶴」西宮公演 »

2022年3月28日 (月)

配信公演 パーヴォ・ヤルヴィ指揮パリ管弦楽団 フィルハーモニー・ド・パリ セカンドガラコンサート2015(文字のみ)

2015年1月17日

インターネット録画中継で、フィルハーモニー・ド・パリのセカンドガラコンサートを視聴。パーヴォ・ヤルヴィ指揮パリ管弦楽団の演奏。arteの制作。休憩時間にはパーヴォへのインタビュー映像が流れ、パーヴォはフィルハーモニー・ド・パリの内装について、「東京のサントリーホールから影響を受けた」と語る。パーヴォは指揮者としてサントリーホールのステージに上がったことがあるだけではなく、一聴衆としてサントリーホールの客席でギュンター・ヴァント指揮北ドイツ放送交響楽団の来日演奏会を聴いたことがあると、以前語っていた。

曲目は、ボロディンの歌劇「イーゴリ公」より“ダッタン人の踊り”、チャイコフスキーのピアノ協奏曲第1番(ピアノ独奏:ラン・ラン)、ベルリオーズの幻想交響曲。


ボロディンの歌劇「イーゴリ公」より“ダッタン人の踊り”。オリエンタリズムに溢れた旋律をパーヴォは瑞々しく歌い上げる。


チャイコフスキーのピアノ協奏曲第1番。ソリストであるラン・ランは中国を代表するピアニストである。神童として有名で、幼い頃から日本のテレビでも紹介されていたが、今は立派な青年になった。ただ、情感を込める余り、弾きながら変顔をする癖があり、それを苦手とする人も多いと聞く。

今日もラン・ランは半目になったりと、顔の表情を付けすぎであるが、ピアノの表情は個性があって豊か。普通は力強く弾くところを軽く流して旋律の美しさを際立てたりする。
ただ崩して弾くだけでなく、造形は堅固で、スケールの大きさにも欠けていない。

パーヴォ指揮のパリ管弦楽団も、ラン・ランに負けじと雄大な演奏を繰り広げる。

ラン・ランは、アンコールとして、シューマンの「ダヴィッド同盟舞曲集」より1曲を弾く。叙情味溢れる演奏であった。


ベルリオーズの幻想交響曲。

2011年に京都コンサートホールで聴いたパーヴォ・ヤルヴィ指揮パリ管弦楽団の幻想交響曲をメインとするコンサートは、私が生で聴いた演奏会の中でナンバーワンである。
あの時の幻想交響曲は視覚的演出もあって、迫力と狂気の放出が半端ではなく、パーヴォの指揮者としての才能を思い知らされたのであった。

映像であるため、当然ながら生で聴くような臨場感はないが、巧みな演奏であり、聴かせる。

パーヴォはシンシナティ交響楽団を指揮して幻想交響曲をレコーディングしており、素晴らしい出来を示しているが、そのCDも今日のインターネット中継も実演には敵わない。

| |

« これまでに観た映画より(287) クリストス・ニク監督デビュー作品「林檎とポラロイド」 | トップページ | コンサートの記(771) 日本オペラプロジェクト2022 團伊玖磨 歌劇「夕鶴」西宮公演 »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




« これまでに観た映画より(287) クリストス・ニク監督デビュー作品「林檎とポラロイド」 | トップページ | コンサートの記(771) 日本オペラプロジェクト2022 團伊玖磨 歌劇「夕鶴」西宮公演 »