2020/06/18

amazon hub こころにも

Dsc_9029

京阪出町柳駅に登場

| | コメント (0)

2020/06/17

二十三や つげぐし閉店

Dsc_9037

四条河原町東入ル、文政5年(1822)創業の柘植櫛店、二十三やがゴールデン明けに198年の歴史に幕を下ろした。コロナ廃業ではないという。

| | コメント (0)

2020/06/13

二宮金次郎マスク中

Dsc_9000

京都芸術センター(旧明倫小学校)にて

| | コメント (0)

2020/05/28

日本フィルハーモニー交響楽団「ニャパン・フィルハーモニック・オーケストラ オリジナルTシャツ2020」

Dsc_8990

スカイブルーを購入。スカイブルーではあるが、私としては浅葱色のつもり。浅葱色は蔑称由来ではあるが、関東人を表す色であり、芹沢鴨同様、私もこれを誇りとしたい。

| | コメント (0)

2020/05/13

四条駅にて(2)

Dsc_8984

| | コメント (0)

2020/04/24

四条駅にて

Dsc_8950

| | コメント (0)

2020/04/08

苦心の花祭り

Dsc_8945

 

因幡堂(因幡薬師)平等寺にて

| | コメント (0)

2020/04/07

三条大橋西詰 弥次喜多像と桜

Dsc_8942

| | コメント (0)

2020/04/06

Le Sakura sans maître

Dsc_8935

休校中の京都市立養徳小学校の桜。声一つ聞こえてこない。

| | コメント (0)

2020/04/04

北白川疎水沿いの桜2020(3)

20200404_190540

| | コメント (0)

2020/04/02

北白川疎水沿いの桜2020(2)

Dsc_8903

| | コメント (0)

北白川疎水沿いの桜2020(1)

20200402_010429

| | コメント (0)

2020/04/01

法隆寺 桂昌院の文字

Dsc_8744

元禄7年(1694)のものである。松の廊下事件の7年前、赤穂浪士討ち入り事件の8年前に当たる。

徳川綱吉の母親である桂昌院。名は玉。八百屋の娘という話が有名であるが、本当の出自はよくわかっていない。「玉の輿」の由来ともされるがこちらも根拠に乏しいようである。桂昌院は仏教を厚く信仰しており、多くの寺院の再建に尽力している。

生類憐れみの令制定により「バカ殿」のイメージが強い徳川綱吉であるが、学問好きで儒教の知識などは第一級、大学頭である林家などトップレベルの儒学者をも上回る程であった。儒教を信奉しているだけあって孝行息子でもあり、母親である桂昌院に女性としては最高位に当たる従一位を贈るべく、高家筆頭である吉良上野介を京へ送り、朝廷との折衝に当たらせていた。これにより吉良は江戸に帰るのが遅くなり、朝廷からの使者接待のための準備は、以前にも経験のある浅野内匠頭がほぼ独断で行うことになった。江戸に戻った吉良と浅野の間で感情的なやり取りがあった可能性は高い。

江戸にやって来た朝廷からの使者を饗応しようという正にその時に松の廊下事件が起こる。従一位の話が流れるかも知れない事態に綱吉が激怒したことは間違いない。

結果的には、桂昌院は従一位を贈られている。

| | コメント (0)

2020/03/30

法隆寺 征夷大将軍源公=徳川綱吉

Dsc_8743

| | コメント (0)

2020/03/19

法隆寺五重塔、雨

Dsc_8742
雨で暗く見えるのが難点。

| | コメント (0)

2020/03/18

雨の滴る法隆寺伽藍

Dsc_8739

| | コメント (0)

2020/03/17

雨の法隆寺

Dsc_8737

| | コメント (0)

2020/03/14

余波(4)

Dsc_8731

| | コメント (0)

長徳寺 おかめ桜2020(3)

20200314_143804

| | コメント (0)

2020/03/11

長徳寺 おかめ桜2020(2)

20200311_090537

| | コメント (0)

«北向地蔵尊の窓に写ったおかめ桜2020