« 御用改めである | トップページ | 三縁寺跡(KYOUEN 中庭) »

2004/08/04

池田屋

そこへようやく援軍が駆け付ける。駆け付けたのどうやら井上隊であったようだ。巷間に流布している話とは違い、土方隊の到着はもっと後のようだ。                
しかしその間に裏口では奥沢栄助が討ち死。ほかの二人の隊士も深手を負う(その後、二人とも死亡)。             だが援軍の到着により形勢は一気に新選組有利となる。               
土方隊が到着したのは戦局がほぼ決したころのようで、後日、池田屋事件に参加した隊士のほとんどが刀を研ぎに出しているが、土方は出していないようである。            
会津、桑名両藩の援軍が来たのはようやく午前0時を回ったころである。 
池田屋内では5人の反幕派志士が死亡。捕縛は3名ほどだったが、その後の捜査により、40名近くが逮捕されたという。宮部鼎蔵、吉田稔麿ら英傑が死亡したことにより明治維新が一年は遅れたといわれるが、この事件により長州藩内の慎重論が後退。倒幕派が圧倒的となったため逆に維新が早まったという考えもある。                  
佐幕派からも、壬生浪士の行動は軽率である、との意見があったという。                     

大河ドラマの影響で新たに説明板が仮設された。2004080215ikedaban.jpg

|

« 御用改めである | トップページ | 三縁寺跡(KYOUEN 中庭) »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: 池田屋:

« 御用改めである | トップページ | 三縁寺跡(KYOUEN 中庭) »