« 堀跡 | トップページ | 電話機型ボトル »

2004/08/22

幽霊子育飴

六道珍皇寺のそばで売られている幽霊子育飴。
時は慶長、六道の辻にある飴屋に、夜毎、色の白い女が来て飴を買っていく。不審に思った主人が後をつけると女は墓地へと入り、消えてしまう。翌日、その墓地に行くと、新しい盛り土の下から赤子の声がする。掘り起こすと、昨日の女の亡骸の横で赤子が飴をしゃぶっていた。女は幽霊となり、飴で子を育てようとしていたのである。
なかなかおいしい飴だ。
20040822yuureiame.jpg

| |

« 堀跡 | トップページ | 電話機型ボトル »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: 幽霊子育飴:

» 幽霊子育飴 [洛北日和]
六道珍皇寺のある六波羅の名物「幽霊子育飴」。通称は「幽霊飴」。由来はトラックバ [続きを読む]

受信: 2005/08/11 23:18

« 堀跡 | トップページ | 電話機型ボトル »