« 和歌山城 岡口門 | トップページ | 和歌山城 虎の像 »

2006/12/20

和歌山城 岡口門(2)

和歌山城 岡口門(2)

和歌山城は豊臣秀吉の弟である羽柴小一郎秀長の城として天正13年(1585)に虎伏山(とらふすやま)に築城された。ただ和歌山城には城代が入城し、秀長自身は完成した和歌山城を見ることはなかったという。関ケ原の戦い以降は浅野幸長が和歌山城主として入城。岡口門はその浅野幸長(あさの・よしなが)により大手門として建てられた。浅野氏が広島に移り、紀伊徳川家が誕生したのちは北側の門が大手門となっている(なお、浅野氏の時代に北側の門が大手門とされたという記述もある)。現在の岡口門は元和7年(1621)頃の完成である。

|

« 和歌山城 岡口門 | トップページ | 和歌山城 虎の像 »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: 和歌山城 岡口門(2):

« 和歌山城 岡口門 | トップページ | 和歌山城 虎の像 »