« 江戸城大手門(皇居東御苑大手門) | トップページ | 江戸城桜田巽櫓 »

2013/05/28

二重橋と石橋と伏見櫓、多聞櫓

二重橋と石橋と伏見櫓、多聞櫓

東京名所として知られる二重橋。西の丸へと続く橋である。写真では確認しづらいが、石橋の上の方にある黒金の橋(欄干は確認出来ると思う)が二重橋である。高い所にあったため、本来の橋の下ももう一つ支えの橋を置いたため二重橋と呼ばれた(1964年に耐性の強い鉄橋に掛け替えられ、二重構造の時代は終わった。それゆえ現在の橋は厳密にいうと二重橋ではない)。手前の橋は皇居正門に続く近代に掛けられた橋である。
伏見櫓は伏見城より移築したためこの名があるとされる(異説あり)。多聞櫓共々、関東大震災で倒壊し、その後再建された。

|

« 江戸城大手門(皇居東御苑大手門) | トップページ | 江戸城桜田巽櫓 »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: 二重橋と石橋と伏見櫓、多聞櫓:

« 江戸城大手門(皇居東御苑大手門) | トップページ | 江戸城桜田巽櫓 »