« 秋迫る | トップページ | 2015年京都野球殿堂 中尾碩志(中尾輝三) »

2016/09/08

2014年京都野球殿堂 沢村栄治

2014年京都野球殿堂 沢村栄治

三重県宇治山田市(現在の三重県伊勢市)出身の沢村栄治。京都商業(現・京都学園高校)を中退して日米野球の全日本軍に所属。草薙球場で行われた試合では敗戦投手になるも9回を投げてルー・ゲーリックのソロホームランによる1点に抑え、メジャーリーガーの間でも「スクールボーイ・サワムラ」として話題になる。その後、全日本東京野球倶楽部→東京巨人軍に入団、初代エースとなる。しかし戦争が激化。手榴弾投げで肩を傷めた沢村は復帰後は技巧派投手に転向し、3度目のノーヒットノーランを達成している。だが再び兵役に取られた沢村は乗船していた軍隊輸送船が屋久島沖で撃沈され、帰らぬ人となった。享年27。
背番号14は読売ジャイアンツの永久欠番。またその年最高の投手に贈られる沢村賞にその名を残している。

| |

« 秋迫る | トップページ | 2015年京都野球殿堂 中尾碩志(中尾輝三) »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: 2014年京都野球殿堂 沢村栄治:

« 秋迫る | トップページ | 2015年京都野球殿堂 中尾碩志(中尾輝三) »