« 2014年京都野球殿堂 沢村栄治 | トップページ | ロームシアター京都にて »

2016/09/09

2015年京都野球殿堂 中尾碩志(中尾輝三)

2015年京都野球殿堂 中尾碩志(中尾輝三)

三重県宇治山田市(現・三重県伊勢市)生まれ、京都商業出身と沢村栄治と同じ経歴を持つ中尾碩志(旧名は中尾輝三)。そのため「沢村二世」とも呼ばれた中尾だが、沢村とは違い左腕である。背番号は前川八郎から譲り受けた18で、巨人の背番号18の初代エースは実は左腕の中尾ということになる。
伝説的な豪腕ノーコンエースであり、ノーヒットノーランを2度達成しているが、1度目が与四球10、2度目が与四球8という珍記録の部類に入るようなものであった。通算209勝。巨人のエースナンバー18を背負った投手の中では最多となる勝ち星を挙げている。

|

« 2014年京都野球殿堂 沢村栄治 | トップページ | ロームシアター京都にて »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: 2015年京都野球殿堂 中尾碩志(中尾輝三):

« 2014年京都野球殿堂 沢村栄治 | トップページ | ロームシアター京都にて »