« 阿弥陀ヶ峰 豊国廟への入り口 | トップページ | いるかHotel vol.21 「破稿 銀河鉄道の夜」 »

2020/01/07

京都・青龍山安養寺「住職 村上辨識」

Dsc_8383_20200107212601


「僕の祖父にあたる村上弁識はもともとは愛知県の農家の息子だったのだが、長男以外の男の子のひとつの身の振り方として、近くの寺に修行僧として出された。彼はそこそこ優秀な子供であったようで、あちこちの寺で小僧や見習い僧として修行を積んだ末に、やがて京都の安養寺に住職として迎えられることになった」
 

「文藝春秋」2019年6月号 村上春樹特別寄稿「猫を棄てるー父親について語るときに僕の語ること」より

|

« 阿弥陀ヶ峰 豊国廟への入り口 | トップページ | いるかHotel vol.21 「破稿 銀河鉄道の夜」 »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




« 阿弥陀ヶ峰 豊国廟への入り口 | トップページ | いるかHotel vol.21 「破稿 銀河鉄道の夜」 »